編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

暗号鍵の“瞬時付け替え”でIoTのデータを保護--日立情報通信

藤本和彦 (編集部)

2017-10-18 14:00

 日立情報通信エンジニアリングは、モノのインターネット(IoT)機器向けのデータ保護ソリューション「IoTデータセキュリティ」を10月20日に提供開始する。IoT機器間の通信を暗号化してデータを保護する。

 暗号化データの安全に共有する「暗復号ソフトウェア」と暗号鍵管理の運用負荷を軽減する「鍵管理サービス」で構成される。日立製作所が独自に開発した「鍵付け替え技術」を利用することで、相互に暗号鍵を共有する必要がない。

 また、暗号化データを平文化せずに異なる暗号鍵に付け替えできるため、データ共有時の漏えいリスクを排除するとしている。IoT機器への組み込みを考慮し、OSを搭載しない処理性能の低い機器でも利用できるよう、ソフトウェアが軽量化されている。

イメージ図
イメージ図(出典:日立情報通信エンジニアリング)

 鍵管理サービスは、IoT機器に組み込まれる暗号鍵の増加に伴い複雑化する暗号鍵の運用管理を一括管理し、運用負荷を軽減する。定期的な鍵更新作業を削減できるため、管理者の負担を低減するとしている。

 安全性の担保が必要な制御データの保護や、組み込み機器のファームウェア更新、暗号化されたデータのネットワークストレージへの一時的保管といった用途を想定する。

 税別価格は、暗号化/復号ソフトウェアが装置1台あたり1万6000円、鍵管理サービスが装置1台あたり月額3000円から、実装サービスは個別見積もりとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]