編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

NTT Com、VPNサービスで仮想UTMをオプション提供--ユーザー自身で設定も変更

NO BUDGET

2016-10-18 10:59

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は10月6日、仮想私設網(VPN)サービス「Arcstar Universal One」のセキュリティオプションとして、ネット接続とクラウドベースのセキュリティ機能がセットになった「セキュアインターネット接続機能(vUTM)」を追加し、同日から提供を開始した。初期費用は5400円、ネット接続料金を含む月額基本料が12万4200円。

 vUTMはvirtual UTMの略。NFV技術で統合脅威管理(UTM)の機能をクラウドサービスとして提供する。

TechRepublic Japan関連記事

 UTMとして、企業ネットワークを守るために必要なセキュリティ機能(ファイアウォール、IDS/IPS、ウイルス対策、スパイウェア対策、URLフィルタリング、アプリケーション制御)を一括で提供する。管理の手間とコストを削減できると説明する。

 NTT Comによるデフォルトのセキュリティポリシを提供する。「NTTコミュニケーションズ ビジネスポータル」からvUTMをオンにすることですぐに利用可能となり、面倒なUTMの設定稼働を軽減できると説明。ユーザー自身で設定もカスタマイズできる。

 ビジネスポータルからの申し込み後、数十分で開通が可能(平日の9時30分~17時30分に申し込みを完了した場合。ただし状況により最大2時間かかる場合もあるとのこと)。従来のサービスと比較し、90%以上の納期を短縮できるという。セキュリティポリシーは24時間自由に変更できる。ユーザー企業は設備を持つことなく、スピーディなセキュリティ対策を実現できるとしている。

 ゲートウェイ部分は、最大1GbpsでOCNバックボーンに直結。ネットを活用したクラウドサービスの利用に適するという。


サービス提供イメージ(NTT Com提供)
サービス提供イメージ(NTT Com提供)

 NTT Comはこれまで、Arcstar Universal Oneのセキュリティオプションとして「アドバンストオプション(仮想アプライアンスタイプ)セキュアインターネットゲートウェイ」「インターネット接続機能 セキュリティオプション(IWSaaSタイプ/VBBSタイプ)」を提供してきた。今回のvUTMは、それらに続く新たなセキュリティオプションとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]