NTT Com、クラウドから配信するアプリケーション仮想化サービス

NO BUDGET

2016-03-18 07:30

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は3月17日、クラウドサーバ上でアプリケーションを仮想化して安全に利用するサービス「Enterprise DaaSアプリケーション仮想化機能」を提供開始した。

 同社クラウドサービス「Enterprise Cloud」上で仮想化したアプリケーションの画面を利用端末に転送することで、端末内にインストールしたアプリケーションのように利用することができる。

 例えば、ウェブの閲覧やSaaSの利用など、インターネット接続するアプリケーションを同サービス経由だけで利用するように設定すれば、外部からの攻撃はEnterprise DaaSまでにしか届かず、利用端末内の重要な情報が漏えいするリスクを抑えられる。また、Microsoft Officeなどの業務アプリケーションを外出先から利用する際に、モバイル端末内に情報を残さないようにすることが可能になる。Office対応は2016年9月を予定している。

 アプリケーション画面だけを転送するため、タブレットやスマートフォンなどの小型端末でも閲覧しやすく、動作も軽快だという。専用アプリからの接続も可能。ワークスタイルの変革にも貢献するとしている。

 ユーザー拠点とEnterprise DaaSの間は、同社の仮想私設網(VPN)サービス「Arcstar Universal One」で直結。ネットワークの利用料と接続料は無料。サービスの利用に必要な初期設定と導入後の保守サポートも無償で提供する。

サービス利用のイメージ
サービス利用のイメージ(NTTcom提供)

 現時点で仮想化に対応するアプリケーションは以下の通り。

  • Microsoft Internet Explorer 8/9/11
  • Microsoft Office 2010/2013(2016年9月予定、ライセンス利用料が別途必要)
  • その他の業務アプリケーション(ユーザーによる仮想化設定が必要)

 利用料金は、導入時のサーバ工事費が4万3200円、月額の基本メニューはサーバ利用料1台あたり6万4800円、アカウント利用料はIDあたり540円。オプションメニューはウイルス対策オプションがサーバ1台ごとに5400円、追加CPU利用料が1コアごとに2160円、追加メモリ利用料が1Gバイトごとに2160円、追加ディスク利用料が100Gバイトごとに6480円など。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]