NTT Com、クラウドから配信するアプリケーション仮想化サービス

NO BUDGET 2016年03月18日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は3月17日、クラウドサーバ上でアプリケーションを仮想化して安全に利用するサービス「Enterprise DaaSアプリケーション仮想化機能」を提供開始した。

 同社クラウドサービス「Enterprise Cloud」上で仮想化したアプリケーションの画面を利用端末に転送することで、端末内にインストールしたアプリケーションのように利用することができる。

 例えば、ウェブの閲覧やSaaSの利用など、インターネット接続するアプリケーションを同サービス経由だけで利用するように設定すれば、外部からの攻撃はEnterprise DaaSまでにしか届かず、利用端末内の重要な情報が漏えいするリスクを抑えられる。また、Microsoft Officeなどの業務アプリケーションを外出先から利用する際に、モバイル端末内に情報を残さないようにすることが可能になる。Office対応は2016年9月を予定している。

 アプリケーション画面だけを転送するため、タブレットやスマートフォンなどの小型端末でも閲覧しやすく、動作も軽快だという。専用アプリからの接続も可能。ワークスタイルの変革にも貢献するとしている。

 ユーザー拠点とEnterprise DaaSの間は、同社の仮想私設網(VPN)サービス「Arcstar Universal One」で直結。ネットワークの利用料と接続料は無料。サービスの利用に必要な初期設定と導入後の保守サポートも無償で提供する。

サービス利用のイメージ
サービス利用のイメージ(NTTcom提供)

 現時点で仮想化に対応するアプリケーションは以下の通り。

  • Microsoft Internet Explorer 8/9/11
  • Microsoft Office 2010/2013(2016年9月予定、ライセンス利用料が別途必要)
  • その他の業務アプリケーション(ユーザーによる仮想化設定が必要)

 利用料金は、導入時のサーバ工事費が4万3200円、月額の基本メニューはサーバ利用料1台あたり6万4800円、アカウント利用料はIDあたり540円。オプションメニューはウイルス対策オプションがサーバ1台ごとに5400円、追加CPU利用料が1コアごとに2160円、追加メモリ利用料が1Gバイトごとに2160円、追加ディスク利用料が100Gバイトごとに6480円など。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算