アプリ中心への転換が必要--仮想化環境専用ストレージのTintri、Hyper-Vに対応

三浦優子 2015年03月06日 16時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想化環境専用ストレージを提供するティントリジャパンは3月5日、最新製品動向を発表する記者会見を開催した。Tintriでは1月に製品ラインアップを一新し、「Tintri VMstore800」シリーズを投入。今回、新たに「Hyper-V」に対応したことでVMware、Red Hatと3つの主要なハイパーバイザに対応したことになる。

 「VMware vSphere 6」をサポートするとともに、ストレージが仮想マシンを認識し、アプリケーション視点の自動化を実現する機能「VMware vSphere Virtual Volumes(VOLs)」などにいち早く対応している。

Tom Ellery氏
Tintri ワールドワイドセールス担当エグゼクティブバイスプレジデント Tom Ellery氏
河野通明氏
ティントリジャパン 職務執行者社長 河野通明氏

 Tintriのワールドワイドセールス担当エグゼクティブバイスプレジデントのTom Ellery氏は、「2015年のTintriは、カスタマーセントリック、ロードマップ、引き続きの成長、企業カルチャーの造成、ブランディングという5つをモットーに経営を進めていく。その中でブランディングは混雑しているストレージ業界の中でバーチャルボリュームが扱えるメーカーはTintri以外には見当たらない。バーチャルボリュームを扱えるストレージブランドとしてブランディングをしていく」と積極的に新しいテクノロジに対応していく姿勢をアピールした。

 日本法人は従業員を現行の12人から4~6月中に19人に増員し、名古屋と大阪に営業拠点を開設することも決定した。職務執行者社長の河野通明氏は、「日本法人開設当初に考えていたよりも1年前倒しで、名古屋と大阪の拠点開設が実現する見込みとなった。顧客の動向を見ても、日本市場でもサーバ仮想化の混在環境が始まり、導入後の課題も出てきている。その課題を解決できるのがTintri。われわれもメジャーな仮想化管理ツールにはきちんと対応した製品を提供していきたい」と話している。

“第3のストレージ”が必要

 Ellery氏は「データセンターは、仮想化とクラウドという二つの要因によって大きく変化せざるを得ない状況にある。Tintriは仮想化とクラウドにきちんと対応することで、顧客に新しい価値を提供している。この4年で2倍以上の成長を続けている」と同社のビジネスが好調であると説明した。実績として、ワールドワイドで30万の仮想マシン(VM)が稼働し、サポートについても本社がある米国をはじめ日本、中国、アイルランドと世界4拠点から提供、24時間サポートを実現している。

 仮想化でストレージの位置付けが大きく変わり、「全世界にさまざまな顧客がいるが、IT部門のスタッフの配置として、これからはストレージエキスパートを置きたくないという声があがっている」とEllery氏は指摘する。

Rex Walters氏
Tintri テクノロジ担当バイスプレジデント Rex Walters氏

 Tintri製品の技術的な現状について、米本社テクノロジ担当バイスプレジデントのRex Walters氏は「Tintri製品は、SANでもNASでもあるが、むしろ新しいカテゴリの“第3のストレージ”と認識してほしい」と話した。

 ここでいう第3のストレージとは、従来のストレージがインフラを中心に考えられていたものだったのに対し、「企業が本当に大切なのはアプリケーションとサービスが順調に利用できるのか否か。主要アプリケーションが仮想環境に対応してきた中で、ストレージは従来と全く異なってきている」とアプリケーションやサービスを中心にしたストレージへの転換が必要だと指摘する。

 物理データセンターの場合は、アプリケーションごとに用意されたストレージがワークロード単位に最適化されていたが、仮想サーバと従来型ストレージでは、集約されたI/Oに対して最適化するスタイルに変更。これが仮想アプリケーションストレージでは、集約されたI/Oを通して、さらにワークロード単位に仮想ストレージが最適化するスタイルとなっている。

 「管理はあくまでもアプリケーション目線で、アプリケーション側から直接ストレージを管理できる。従来型ストレージでは、管理や設定にかかる手間が大きく、負のスパイラルに陥りがちだった。アプリケーションから管理までできることで、管理の手間を少なくできるのがTintri」(Walters氏)

 Hyper-Vのサポートについては、「Hyper-VとvSphereの両方をTintriから見ることができる」と混在環境で利用する場合には必須だとアピールした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算