OIDF-J、民間事業者向けのデジタル本人確認ガイドラインを公開

ZDNET Japan Staff

2023-03-20 12:49

 OpenIDファウンデーション・ジャパン(OIDF-J)は3月20日、民間事業者向けデジタル本人確認ガイドラインの初版を公開(PDF)した。民間事業者が自社サービスに最適な本人確認手法を選択する際に活用できるとしている。

 ガイドラインは、多くのサービスや取り引きで法令などによる本人確認が求められておらず自主的な本人確認の導入が拡大していることを背景に、OIDF-J会員10社とデジタル庁、弁護士の落合孝文氏で構成される「本人確認ガイドラインタスクフォース」(リーダー:TRUSTDOCK)が、経済産業省や情報処理推進機構、デジタル庁での官民による各種議論や検討を踏まえて、2022年5月から作成を進めてきた。

 ガイドライン内では、本人確認に関する基礎知識や導入・手法の選択時における留意事項などを紹介するほか、事業者およびユーザーの負担を軽減する中間的手法や、サービスに応じた本人確認手法について解説されている。

サービスにおける本⼈確認の拡⼤イメージ(出典:⺠間事業者向けデジタル本⼈確認ガイドライン)
サービスにおける本⼈確認の拡⼤イメージ(出典:⺠間事業者向けデジタル本⼈確認ガイドライン)

 タスクフォース参加企業のTRUSTDOCKやトッパン・フォームズなどによると、金融機関などにおける一部の特定取引では犯罪収益移転防止法、携帯電話の音声サービス契約などでは携帯電話不正利用防止法、古物の売買などでは古物営業法などの法令があり本人確認方法が規定されている。しかし、ECやカーシェアリング、教育・資格といった各種サービスにはなく、事業者が厳格な本人確認手法を選択してしまったり、本人確認の導入を断念したりして不正なリスクが発生しかねないなどの課題があるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]