日産自動車、統合人事システムとBPOサービスを導入--年末調整の98%をペーパーレス化

藤本和彦 (編集部)

2023-03-23 12:21

 日産自動車は、Works Human Intelligence(WHI)が提供する統合人事システム「COMPANY」とワークスビジネスサービスのビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービスを導入した。これにより、年末調整の98%をペーパーレス化するなど業務効率化を図っている。WHIが3月23日に発表した。

 日産は、長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」を支える人事戦略の1つとして人事業務の効果性、効率性の向上を掲げ、利便性の高い人事サービスの提供や人事業務の効率化を推進している。ビジネスがグローバルに展開していく中では、ビジネスを支える人材も多様化しており、働きやすい環境構築と従業員満足度の向上を目指した人事制度や業務の在り方の見直しや改善の継続は、欠かせないものとなっている。

 そうした中で、給与業務は常に正しく行うことに加え、環境の多様さや変化を踏まえた見直しや改善など、経営や従業員のニーズに迅速、確実に応えていく必要がある。その一方で、従来の給与システムでは、そうした業務構築が年々難しくなってきていた。また、環境負荷低減と従業員満足度の向上との両立を目指す中で、給与明細や年末調整をはじめとした人事・給与業務におけるペーパーレス化も大きな課題となっていた。

 これを解決するため、COMPANYを活用したアウトソーシングによる、人事・給与業務の効率化、標準化を目的に、ワークスビジネスサービスのBPOサービスを採用。さらに、現在だけでなく将来的に発生するさまざまな課題に対しても、柔軟で迅速な対応を継続していくことを目指して、WHIが提供する「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「CWSスマートデバイスオプション」を活用している。

 主な導入効果としては、日産ではこれまで毎年、従業員3万人の年末調整を紙で実施しており、書類の配布や提出、システムへの転記などを手作業で行うことによって高い業務負荷が発生していた。これが、COMPANYの導入によって1万5000人がPCで、1万4400人がスマートフォンで申請可能となり、大幅な業務効率化とペーパーレス化を実現。従業員の利便性も向上した。

 情報システム領域では、戦略課題の1つとして基幹システムのモダナイズに取り組んでいる。しかし、従来の給与システムはメインフレームで運用されており、長い歴史の中でドキュメントやノウハウが失われていたため、モダナイズに当たって必要な指標が集められない状況にあったという。そのような状況でクラウドサービスを活用するBPOに可能性を見いだし、従業員サービスの向上と「持たざるIT」の両面を実現できたとのこと。これからも、現在の業務の見直しや時代に適合した新たな業務の構築にチャレンジしていきたいとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]