アプライド マテリアルズ、半導体の製造研究センターを新設へ--約5500億円を投入

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)

2023-05-23 11:24

 パンデミックの最悪期には、半導体不足の影響でFord Motorの「F-150」やソニーの「PlayStation」が買えなかった人もいるだろう。この問題の緩和を目指して米連邦政府が拠出する527億ドル(約7兆3000億円)の補助金の一部が、カリフォルニア州のシリコンバレーに新設される半導体の製造研究センターを支援することになりそうだ。

NVIDIAの「H100」
提供:Stephen Shankland/CNET

 Kamala Harris米副大統領は米国時間5月22日、半導体製造装置メーカーのApplied Materialsを訪問した。同社がシリコンバレーに最大40億ドル(約5500億円)を投じて建設する施設の発表に合わせての訪問だ。総額527億ドルの補助金はまだ拠出されていないが、Applied Materialsの新施設は、まさにこの補助金制度が支援を想定しているような米国の研究開発施設となる。

 半導体の進化は近年、電子回路の小型化をめぐる物理的、工学的な課題によって減速している。また、半導体製造ビジネスの多くが、米国から台湾や韓国などのアジア諸国に移転している。

新施設の完成予想図
新施設の完成予想図
提供:Applied Materials

 Applied Materialsが新たに建設する面積18万平方フィート(約1万7000平方m)のEquipment and Process Innovation and Commercialization Center(EPICセンター)は、半導体の進化を加速させ、米国に半導体産業を定着させることを目指す。同社はこの施設を通じて、学術研究から生まれたアイデアの実用化と、そうした技術を台湾積体電路製造(TSMC)、サムスン、Intelなど、実際に半導体を製造するメーカーに移転することの両方を加速させたいと考えている。

 Applied Materialsは半導体製造装置メーカーの大手だ。Intel、サムスン、TSMCなどの企業は、購入した製造装置を使って、携帯電話、自動車、玩具、テレビ、軍装備品、電化製品など、さまざまな製品向けの半導体を製造している。Applied Materialsは半導体の電子回路をさらに小型化、効率化して性能を高めるための最先端の取り組みを行っている。

 EPICセンターは、施設の建設に1500人の建設労働者を雇用し、また完成後には2000人のエンジニア職の雇用を創出する見込みだという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]