調査

日本の業務自動化利用率は調査国中で最低--UiPath調査

NO BUDGET

2023-05-30 08:14

 UiPathは、日本を含む8カ国の労働者を対象に実施した調査「ビジネスオートメーションの活用状況と今後の展開についての調査 2023年版」の結果を発表した。

 これによると、既に職場でビジネスオートメーションを利用していると回答した人は、日本では15%で調査対象国の中で最も低かった。第1位はインドの63%、世界平均は31%だった。

ビジネスオートメーションの利用率ランキング
ビジネスオートメーションの利用率ランキング

 この調査は、日本と米国、英国、オーストラリア、フランス、ドイツ、インド、シンガポール、の計6460人を対象に、2023年3月にオンラインで実施された。国ごとの国内総生産(GDP)に応じた調査結果の重み付けを行っている。

効率的な業務遂行に必要なリソースや支援について
効率的な業務遂行に必要なリソースや支援について

 その他の結果では、日本の回答者の52%が「効率的に業務遂行するのに必要なリソースや支援がない」と答えた。さらに、このような状況を改善するリソースや支援として、技術的なツール・ソフトウェア(66%)、技術的サポート(60%)が挙げられている。

 また、「業務のどのような点を変えたいか」という質問に対して、日本の回答者が最も多く挙げたのは「職場環境のさらなる柔軟性の向上」(31%)だった。次いで「手作業の時間短縮」(26%)、「日常業務の管理にかかる時間の短縮」(25%)と続く。「重要な業務に集中する時間を増やす」(20%)という回答も6番目に多かった。

  日本の回答者の43%は、ビジネスオートメーションに対して、業務効率の改善に役立つと考えていることも分かった。自動化したい業務のトップ5は、「データ入力やデータセットの作成」が最も多く、次いで「データ分析」「ファイル共有・ファイル保存業務」となった。一方、既にビジネスオートメーションソリューションを導入している答えた回答者(15%)からは、「生産性の向上、正確な作業、ワークライフバランスの改善などのメリットを実感している」という声が挙がっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]