「一風堂」など展開の力の源ホールディングス、「Backlog」でタスクを可視化

NO BUDGET

2023-06-13 10:53

 力の源ホールディングスは、プロジェクト管理・タスク管理ツール「Backlog」を導入し、業務の可視化や効率化を進めている。提供元のヌーラボが発表した。

 力の源ホールディングスは、とんこつラーメン店「博多一風堂」をはじめとした飲食業を中心に展開している企業。2023年3月末時点で国内に139店舗、海外134店舗を展開している。

 Backlogを活用しているのは、同社の店舗運営に必要な制作物を担当している営業本部・制作グループ。約3年前から、自社ウェブサイトやアプリの店舗情報の更新、SNSの更新、メニューやポスターなどの制作に関わる進ちょく管理にBacklogを導入し、3チーム7人で活用している。

 同グループでは、従来、「Microsoft Excel」を使ったタスク管理を行っていたが、その方法では個人が抱えるタスクや全体の時系列が把握しにくいという課題があった。

 営業本部・制作グループでは、制作・ウェブ・SNSという3チームの業務が1つの案件に重なることが多いため、時間軸に沿ってタスク管理をしたいというニーズがあった。そこでBacklogのガントチャート機能を活用したところ、進ちょく状況を直感的に把握できるようになり、マネジメント側の視点でもスケジュール遅延対策などのリスクマネジメントが可能となった。

 また、Backlogの「親子課題機能」を活用し、課題登録をルール化した。これにより、今まで見えにくかったタスクの棚卸しをスムーズに実施できるようになった。制作チーム全体のスケジュール管理をするリーダーが「親課題」を入力し、親課題にひも付けて、チームメンバーが必要なタスクを「子課題」として登録していく運用方法を採用している。Backlogで子課題を登録する習慣がメンバーに根付いたことで、業務を細かな作業単位で洗い出し、タスクを可視化できるようになったという。

 その結果、各メンバーが抱えているタスクをリアルタイムに把握できるようになり、タスクが集中しているメンバーに対するフォロー体制が自然に出来上がった。業務のバランスが取りやすくなったことで、タスクの抜け漏れも減っているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]