海外コメンタリー

AIプロンプトエンジニアに必要な6つのスキルとは

David Gewirtz (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-07-10 06:45

 プロンプトエンジニアリングは魅力的な仕事であり、プロの人工知能(AI)プロンプトエンジニアの求人の中には、年収が17万5000ドル~33万5000ドル(約2500万~4800万円)というものもある。しかし、誘導尋問ができるだけでは、優れたAIプロンプトエンジニアにはなれない。このキャリアパスで成功するためには、AIやプログラミング言語、問題解決、芸術などの専門分野の能力を併せ持っている必要がある。

PCの画面を見る人
提供:metamorworks/Getty Images

 プロンプトエンジニアリングは、基本的に、生成AIツールとのインタラクション(相互作用)を生み出す仕事だ。「ChatGPT」を見れば分かるように、AIとのインタラクションには対話形式を取るものもあるが、もっとプログラミング寄りで、現代のAPIの呼び出しに近い、コードの中に組み込まれたプロンプトの形を取る場合もある。単なるAPIの呼び出しと違うところは、ライブラリーのルーチンを呼び出すのではなく、ライブラリーのルーチンを使って、非常に大規模な言語モデルとの対話を行う点だ。

 プロンプトエンジニアの仕事を見つけるために役立つスキルについて話す前に、プロンプトエンジニアとして成功するために必要な、ある資質について話しておこう。それは積極的に学ぶ意欲だ。AIは何十年も前から使われているが、生成AIに関するスキルの需要が急激に高まったのは最近のことにすぎない。この分野は非常に変化が速く、常に新たなブレークスルーや、製品や、テクニックや、アプローチが登場している。

 それに後れを取らないためには、単に学ぶ意欲があるだけでは十分ではない。思いつく限りのあらゆることを貪欲に学び、新しい情報を探し求め、研究し、吸収する必要がある。十分なペースで学び続けることができなければ、このキャリアで成長していくことはできない。

 では、ここからは、AIプロンプトエンジニアになるために磨くべき6つのスキルを紹介しよう。

1.AI、機械学習、自然言語処理に対する理解

 最初にとりかかるべきは、AI、機械学習、自然言語処理の実際の仕組みについての理解を深めることだろう。大規模言語モデルとのインタラクションを行うのであれば、この「化け物」の正体を理解し、どのような種類の言語モデルが存在するのかを知り、それぞれの言語モデルは何が得意で、どんな分野を苦手としているかを把握しておくべきだ。

 必ずしも自分で大規模言語モデルを構築できるような計算機科学者にまでなる必要はないが、自分のキャリアの中心に据えようとするツールの中身や機能については、十分に理解しておく必要がある。重要なのは、ありとあらゆる手段を使って学ぶことであり、これには従来型のコースを受講することや、多くの記事や技術論文を読むこと、カンファレンスに出席すること、自分自身で実験してみることなどが含まれる。

 例えば、米ZDNETのSabrina Ortiz記者が書いた記事では、必ずチェックしておくべきリソースを紹介している。開発プロジェクトでChatGPTを利用する人向けの、9つのパートで構成されているオンライン授業だ。このコースのスポンサーは、ChatGPTを作ったOpenAIとAI関連のオンライン教育プログラムを提供しているDeepLearning.aiで、これらの企業の創業者であるAndrew Ng氏は、スタンフォード大学で教鞭を執っており、大手オンライン学習サイトであるCourseraの共同創業者でもある。筆者はこのコースを受講しているが、読者にもぜひ受講することをお勧めする。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]