富士ソフト、1万人の社内検証を基にした「ChatGPT」導入をサービス化

ZDNET Japan Staff

2023-08-03 14:43

 富士ソフトは8月3日、企業顧客専用のセキュアな「ChatGPT」環境の構築を支援する新サービス「Azure OpenAI Service導入支援 powered by ChatGPT」を発表した。このための専門組織「データ&AIソリューショングループ」も新設している。

 新サービスは、Microsoftの「Microsoft 365」と「Azure OpenAI Service」を使って、企業顧客専用のChatGPT環境を構築する。導入企業では、「Microsoft Teams」上で生成AIの対話機能を業務に活用できるようになる。

サービスイメージ
サービスイメージ

 富士ソフトはMicrosoftのパートナーの1社で、ChatGPTについても、米OpenAIによる公開直後からMicrosoft 365とAzure OpenAI Serviceを組み合わせた同社専用の環境を構築し、約1万人の従業員が業務への活用といった社内検証を続けているという。

 ChatGPTの企業導入では、導入組織側が機密性の高いデータなどを適切に扱わないままChatGPT側に送信してしまうことによるセキュリティリスクなどが懸念され、あらかじめChatGPTを利用する際のルールなどの整備やユーザー教育、セキュリティ対策などの取り組みが必要になる。

 富士ソフトは、上述の社内検証を通じて同社独自の技術によりセキュアなChatGPTの利用環境を構築しているとし、新サービスはその経験やノウハウを基にしているとのこと。新組織は、Azure OpenAI Service関連の導入支援に特化する。

 同社は、新サービスを通じて顧客が利用するデータを同社が構築する顧客専用環境だけで使用し、Microsoft側でのAzure OpenAI Serviceでの学習やサービス改善などには使用せず、Azure OpenAI Serviceへの問い合わせ完了後に即時削除して、履歴情報も残さないと明言している。

 なお、環境構築で用いるChatGPTは「GPT-3.5」になり、「GPT-4」へのアップグレードは別途利用申請や環境改修が必要になるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]