HashiCorp、「Terraform Cloud」のプロジェクトにカスタマイズ機能

河部恭紀 (編集部)

2023-08-10 12:37

 HashiCorpは米国時間8月8日、「HashiCorp Terraform Cloud」にカスタマイズ可能なプロジェクト権限とポリシー割り当てを追加した

 HashiCorpは1月、Terraform Cloudでプロジェクトを導入し、関連するワークスペースのグループを「Admin」「Maintain」「Write」「Read」という4つの定義済みロールで安全にセルフマネージすることを可能にした。しかし、企業がプラットフォームチームの規模拡大を支援するためにさらなる責任委譲を考える際、定義済みロールでは自社のニーズを満たさない場合、権限のカスタマイズを可能にする柔軟性がユーザーに不要な特権を与えるのを防ぐために必要となるという。

 カスタマイズ可能なプロジェクト権限は、Terraform Cloudの「Standard」と「Plus」で利用可能。定義済みロールに加えて、プロジェクトレベルの権限を調整できるようにする。これにより、最小限特権のアプローチを維持してリスクの低減を可能にするという。Terraform Enterpriseでの導入も今後予定されている。

 管理者は、チームに4つの定義済みロールのうち一つをプロジェクトレベルで割り当てるか、新しいカスタムオプションを使うことで適切なレベルの権限を選んでチームに割り当てることができる。例としては、プロジェクトの全ワークスペースに適用されたランの実行や状態ファイルの閲覧といったワークスペース権限などがあるという。

画像1

 Terraform Cloudのカスタマイズ可能なポリシー割り当ては、これまで可能だった組織やワークスペースレベルに加えてプロジェクトレベルでもポリシーセットの割り当てが可能になる。これにより、セキュリティとコンプライアンスをより柔軟に維持できるようになるという。ポリシーは、プロジェクトに現在ある/今後作れられるワークスペース全てに対して適用でき、ポリシーガードレールで提供される保護を犠牲にせずセルフサービスのプロビジョニングを可能にする。カスタマイズ可能なポリシー割り当ては、Terraform Enterpriseにも今後導入が予定されている。

 9月には別の機能も予定されており、ワークスペースのリストをポリシーセットから除外することが可能になるという。これは、単一のワークスペースでポリシー上の問題があり、オーナーがインフラストラクチャーのプロビジョニングをポリシーの問題を調査する間も続けられるよう、そのワークスペースを一時的に例外とする必要がある場合に役立つ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]