生成AIは「過度な期待」のピーク期--ガートナー「先進テクノロジのハイプサイクル」

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-08-17 09:47

 調査企業Gartnerは毎年、「先進テクノロジのハイプ・サイクル」で、注目すべき25の先進技術を取り上げている。2023年のレポートでは、驚くべきことではないが、生成人工知能(AI)が、「過度な期待」のピーク期に位置付けられた。

先進テクノロジーのイメージ
提供:Yuichiro Chino/Getty Images

 同社は「先進テクノロジのハイプ・サイクル」を作成するために、2000を超える技術や適用済みフレームワークから主要な知見を抽出している。

 選定された先進技術はすべて、今後2~10年の間にビジネスを変革するほどのメリットをもたらすと予測されている。以下のグラフに示されているように、生成AIは、今後2~5年の間にビジネスを変革し、停滞期に達すると、Gartnerは予測している。

先進テクノロジのハイプ・サイクル
提供:Gartner

 「ChatGPT」が2022年11月に公開されたことで、生成AIの研究と認知度が急激に高まった。その結果、生成AIアプリケーションをめぐる多数の貴重で革新的な飛躍的発明が生まれ、同技術がハイプ・サイクルの頂点に位置付けられることとなった。

 生成AIは、最も人気の高いAIの一分野だが、これ以外にも、大きな社会的変化をもたらす可能性のある新興AI技術が存在する。

 具体的には、AIシミュレーション、コーザルAI、連合機械学習、グラフデータサイエンス、ニューロシンボリックAI、強化学習が、注目すべき新興AI技術として同レポートに取り上げられている。

 Gartnerは、新興AIに加えて、開発者体験(developer experience:DevX)、パーベイシブクラウド、人間を中心としたセキュリティとプライバシーを、先進テクノロジートレンドの4つのテーマとして挙げている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]