海外コメンタリー

Debian Linux誕生から30年、その世界への貢献を改めて振り返る

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-08-25 06:30

 1993年を振り返ってみよう。当時の米大統領はBill Clinton氏で、映画「ジュラシック・パーク」のチケットが飛ぶように売れており、UB40による「好きにならずにいられない」のカバーが全米ビルボードチャートの1位を占めていた。またこの1993年は、仏パデュー大学の学生だったIan Murdock氏が、Usenetのニュースグループ「comp.os.linux.development」に「Debian Linux Release」と呼ばれる新しいディストリビューションを作ったと投稿した年でもある。

Ian Murdock氏
Ian Murdock氏
提供:Stephen Shankland/CNET

 Murdock氏はその記事で、「これは基本的に最初から作り直したリリースで、単に『SLS』(Softlanding Linux System)に変更を加えて、『新しいリリース』だと言っているわけではない。私はSLSを動かしてみて、その多くに不満を感じ、このリリースを作ることにした。SLSに多くの変更を加えてみたあとに、最初からやり直した方が楽だと判断したからだ」と述べている。

 Debianという名前は、Murdock氏の当時のガールフレンドの名前であるDebraと、彼自身のファーストネームを組み合わせたものだった。最新のDebianのリリースは、8月21日に「Debian 12」に到達した。このバージョンのコードネームである「Bookworm」は「トイ・ストーリー」のキャラクターにちなんだものだ。

 当時は今とは時代が違った。「Git」もなければ「Red Hat Linux」も存在しておらず、IBMもまだLinuxをサポートしていなかった。Linuxはまだ趣味人のOSで、使っていたのは主に学生やコンピューターが専門の研究者だった。その頃の筆者は、1991年11月の「Linux 0.11」からLinuxを使っていたのだが、それ以前も10年以上UNIXを使っていた。

 Murdock氏は、誰もがソースコードをftpで入手し、自分でコンパイルして、ビルドして、Linuxをブートできるわけではないことを知っていた。同氏は、初期のディストリビューション(特にSLS)はあまり出来がよくないと考え、「ユーザーが常に面倒を見ていなくてもインストール可能で、その間にもっと別のことができる」ような、より洗練されたLinuxディストリビューションとしてDebianを作り始めた。Murdock氏は、「DebianはインターネットにアクセスできないユーザーのLinux生活を楽にしてくれるはずだ」と述べていた。

 Debianは、簡単にインストール・デプロイできることを優先した最初のLinuxディストリビューションだった。同時に、当初は、あらゆる開発者やユーザーが自分の成果をコントリビュートできる、唯一のオープンなディストリビューションでもあった。そして今日でも、Debianは最も重要なコミュニティー主導のLinuxディストリビューションだと言っていいだろう。「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)や「Ubuntu」、「SUSE Linux Enterprise」(SLE)などのほかの主要なディストリビューションや、それらのコミュニティーブランチである「Fedora」や「openSUSE」は、どれも直接、間接に営利企業と結びついている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]