調査

約66%の組織がゼロトラストを積極的に導入--フォーティネット調査

NO BUDGET

2023-09-13 06:35

 フォーティネット(Fortinet)は、グローバル調査「2023年ゼロトラストに関する現状レポート」を発表した。これによると、「ゼロトラスト戦略を導入中である」と答えた回答者は66%となり、2021年の54%から増加した。

導入状況
導入状況
ゼロトラスト戦略の優先事項
ゼロトラスト戦略の優先事項

 この調査は、公的部門を含むほぼ全ての業界からなる31カ国のITおよびセキュリティリーダー570人を対象に、3月30日~4月2日に実施された。

ゼロトラスト戦略の導入における課題
ゼロトラスト戦略の導入における課題

 調査によると、組織はゼロトラスト戦略の導入で常に課題に直面していることも分かった。対処すべき最重要課題として、回答者の約半数(48%)が、オンプレミスとクラウドに展開したゼロトラストソリューションが十分に統合されていない点を挙げている。

 それ以外の課題としては、エンドツーエンドのポリシー適用、アプリケーションの遅延、ゼロトラストソリューションの選定や設計に役立つ信頼できる情報の不足などが挙がっている。

 また、回答者の40%はアプリケーションの半分以上を今もなおオンプレミスでホストしていると回答した。クラウド対応のみの「ZTNA(Zero Trust Network Access)」を利用することによって、回答者の75%が問題を抱えているという。

 さらに、複数のベンダーのソリューションを展開したことで、新たなセキュリティギャップや高額の運用コストといった課題が発生していることも分かった。特に大企業は、運用を簡素化しオーバーヘッドを削減するために、ソリューションの統合を必要としている。

SASEソリューションの優先事項
SASEソリューションの優先事項

 「SASE(Secure Access Service Edge)」ソリューションの優先事項では、「セキュリティ効果」が最も重要であり、58%がこれを優先事項の上位3つまでに挙げている。また回答者の89%は、SASEと自社のオンプレミスソリューションとの統合が「かなり重要」または「非常に重要」であるとしている。

ハイブリッドZTNA戦略においてカバーすべき領域
ハイブリッドZTNA戦略においてカバーすべき領域

 ハイブリッドZTNA戦略においてカバーすべき領域として回答の多かったのは、ウェブアプリケーション(81%)、オンプレミスユーザー(76%)、リモートユーザー(72%)、オンプレミスアプリケーション(64%)、SaaSアプリケーション(51%)の順だった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]