「SBOM」の認知率は41.3%、導入率は33.1%--ビジョナル調査

ZDNET Japan Staff

2023-12-14 15:20

 ビジョナルは12月14日、従業員500人以上の企業の情報システム部門担当者300人を対象に実施したセキュリティに関する調査の結果を発表した。その中でソフトウェア部品表(SBOM)の認知率は41.3%に上り、認知している回答者の7割以上が導入済み、あるいは導入する意向であることが分かった。

 同社は、転職サービス「ビズリーチ」などをグループで手掛け、プロダクトのセキュリティ対策のノウハウをもとにした脆弱(ぜいじゃく)性管理サービス「yamory」を提供している。今回の調査はその一環になる。

 SBOMは、製造業の製品管理に用いられる部品表のノウハウをコンピューターソフトウェア製品に応用し、ソフトウェア製品で使用されているライブラリーやコンポーネントなどの情報(名称やバージョンなど)を取りまとめたものになる。近年は、ライブラリーやコンポーネントなどの脆弱性を悪用するサイバー攻撃の被害が拡大していることから、ソフトウェアベンダーが迅速に脆弱性対策を実施できるよう、米国政府を中心にSBOMの整備をソフトウェアベンダーに要請する動きが進む。国内でも経済産業省などがガイドラインを公開している。

 ビジョナルの調査によると、SBOMの認知度は「良く理解している」が6.0%、「多少は理解している」が18.0%、「聞いたことがある程度」が17.3%、「知らない」が58.7%だった。

 SBOM認知者(124人)の対応状況では、「導入済み」が33.1%、「導入に向けて検証中」が22.5%、「導入に向けた具体的なアクションはしていないが、今後導入予定である」が18.5%で、7割以上が導入済みか、今後導入する意向であることが判明した。

 導入済み、今後導入する意向のある回答者(92人)のSBOM採用の理由では、「自社セキュリティ対策向上の一環として」が72.8%で最も多く、以下は「ガイドラインや法令などが定められているため」(51.1%)、「取引先から求められたため」(19.6%)、「同業他社が実施しているため」(7.6%)だった。

 SBOM導入予定者(51人)の導入時期は、「1~3年以内」が43.1%、「1年以内」が27.5%、「半年以内」が7.8%などで、SBOMの整備を迅速に推進する意向が目立っている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]