駿台予備学校、ITで個別最適学習を支援するカリキュラム「MyFitプラン」を提供

大場みのり (編集部)

2024-02-20 16:40

 駿河台学園は2月20日、「駿台予備学校」の2024年度高卒クラスにおいて、IT教材を活用して個別最適学習を可能にするカリキュラム「MyFitプラン」の提供を開始すると発表した。

 同カリキュラムは、受験生が個々に合った演習テストに取り組み、苦手分野を克服する「朝学」、複数のIT教材を用いて個人のレベルに合った問題を解く「演習タイム」、科目ごとに個人の成績に応じた授業を受講する「Myレベル授業」、授業後すぐに講師へ質問が可能な「講師タイム」、クラス担任が模試の成績や学習状況などを基に受験戦略を提案する「Plannningタイム」で構成される。

 演習タイムでは、各受験生の習熟度に合わせた専用カリキュラムを作成するIT教材「atama+(アタマプラス)」、基礎力の向上に効果的で学習状況も把握できる知識問題トレーニングアプリ、実践力を鍛える駿台予備学校独自のIT教材「S-LME(スルメ)」、各人の記憶度と忘却速度から最適な学習計画を作成するアプリ「Monoxer(モノグサ)」を活用する。

 同カリキュラムは「自分のレベルに合った演習をたくさんしたい」といったニーズを持つ受験生に適しているという。対象校舎は、千葉県の柏校、静岡県の浜松校、大阪府の上本町校、広島校。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]