シンガポール、AI開発の加速に向け5年で約1100億円を投資へ

Eileen Yu (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2024-02-21 14:26

 シンガポール政府は、人工知能(AI)の開発を加速させるために、向こう5年で10億シンガポールドル(約1100億円)以上を投資することを明らかにした。これには、必要な計算能力とスキルセットを確保することも含まれる。

提供:Yuichiro Chino/Getty Images
提供:Yuichiro Chino/Getty Images

 これらの投資が目指すのは、主要部門全体でテクノロジーを活用する政府の取り組みを支えることだ。

 シンガポールのLawrence Wong副首相兼財務相は予算案発表の演説の中で、AIに充てられる10億シンガポールドルは、今後5年間にわたってコンピューティング、人材、産業育成への投資に使われると述べた。

 「AIは『ChatGPT』や大規模言語モデルだけのものではない。電気、内燃機関、コンピューター、インターネットなどの汎用技術にも使われる」「AIはさまざまな産業を変革し、創薬、倉庫の管理、自動車の運転といった多くの既存プロセスの生産性を高める可能性を秘めている」(Wong氏)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]