編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

アンダーシュート

用語の解説

アンダーシュートとは

(undershoot)
アンダーシュートとは、矩形波(方形波)の立ち下がり部分において、波形が定常値となる基線を下回ることである。
または、それによって下に突出した波形の部分のことである。 アンダーシュートに対して、矩形波の立ち上がり部分で上方向に突出した波形の乱れは、オーバーシュートと呼ばれる。 オーバーシュートやアンダーシュートは、矩形波を扱う回路では非常に発生しやすい。 オーバーシュートやアンダーシュートを低減する方法としては、信号ラインに抵抗器を直列に接続するなどの方法がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]