サウンドカード

用語の解説

サウンドカードとは

(sound card)
サウンドカードとは、パソコンに音源機能を持たせ音声の入出力を行う場合に用いる拡張ボードのことである。
サウンドボードとも呼ばれる。 もともと音源を内蔵していないパソコンの場合に、サウンドカードを拡張スロットに差し込むことで、音声機能を追加することができる。 サウンドカードには、ヘッドフォン端子やマイク端子などをはじめ、スピーカー出力端子などが備えられている。 現在では、多くのパソコンのマザーボードに、サウンド機能を持ったチップが備えられているため、サウンドカードは、より特化した目的のために使用されることが多い。 また、サウンドカードは、ゲームをプレイする際にも、よく利用されることから、ゲーム用のコントローラを接続できるポートを備えたものもある。 なお、サウンドカードは、コンバータの性能やノイズの影響を受けやすいため、サウンドカードの品質によって、音質が異なってくるといわれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]