サッドマック

用語の解説

サッドマックとは

(sad Mac)
サッドマックとは、Macintoshの起動時に行われるハードウエアチェックで不良が出た場合に画面に表示される、初期型Macintoshをかたどった似顔絵アイコンのことである。
ハードウエアに問題がなかったときは笑顔が表示されるが、不良時は目が「×」マークになるため「サッド(悲しい)マック」と呼ばれ、その原因を示す16進コードと共に画面に表示される。 一般的に、このエラーが出た場合はマザーボード上のチップに動作不良が出ていたり、メモリーや拡張ボードに接触不良が出ている場合が多い。 なお、ドライブからデータを読み出せない場合は「?」マークが付いたフロッピーディスクをかたどったアイコンが現れる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]