システムリソース

用語の解説

システムリソースとは

(system resource)
システムリソースとは、主にWindows 9x系のWindowsにおいて、OSが使用するメモリ領域のことである。
システムリソースには「KERNEL」「USER」「GDI」の3種類があり、それぞれ使用するデータのサイズが決まっている。 このメモリ領域をすべて使用するとそれ以上ファイルやウィンドウが開けなくなる(システムリソースの不足)。 システムリソースは、Windows 95、Windows 98、Windows 98 SEなどにおいて呼ばれる呼称であり、Windows NT系では同種のメモリ領域がヒープ(デスクトップヒープ)と呼ばれていた。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]