スケーラブルフォント

用語の解説

スケーラブルフォントとは

(scalable font)
スケーラブルフォントとは、フォントの分類のうち、文字の外形に関する情報をベクタグラフィックスとして持っているフォントの総称である。
スケーラブルフォントは、文字を拡大・縮小されても、文字品質を大きく損なうことなく、画面に表示したり印刷したりといった出力を行うことができる。 演算処理によって輪郭の曲線などを出力する分だけ、ビットマップフォントより出力処理の速度は劣るが、どのようなサイズでも高品質な文字が出力できるという利点がある。 また、ビットマップ形式の文字情報で複数のサイズに対応しようとすると、文字のサイズごとにフォント情報を持つ必要があるが、スケーラブルフォントでは一つの情報で済むため、コンピュータリソースを浪費しない。 スケーラブルフォントはアウトラインフォントとストロークフォントに大別される。 PostScript、TrueTypeフォントなどで主流のアウトラインフォントは、文字の輪郭線の情報を持ち、求められる出力サイズに拡大・縮小した後に、ラスタライザと呼ばれる処理により輪郭内部を塗りつぶす。 一方、ストロークフォントは、中心線だけの情報を文字形状として持ち、線の太さなどの情報は持たないため、軽量でデバイスの解像度に影響を受けにくい。 こちらはプロッタやCADで利用されることがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]