GlassFish

用語の解説

GlassFishとは

(グラスフィッシュ)
GlassFishとは、サーバー向けのプログラミング開発・実行環境であるJava EE(Java Enterprise Edition)の動作プラットフォームとなるアプリケーションサーバーの開発プロジェクトのことである。
GlassFishはSun Microsystemsから提供されたアプリケーションサーバーの「Sun Java System Application Server PE 9」、ならびにOracleから提供されたAPI群である「TopLink persistence」をベースとしており、オープンソースソフトウェア(OSS)として開発されている。 ライセンスはフリーソフトウェアのライセンス体系であるCDDL(Common Development and Distribution License)v1.0と、同じくGPL(GNU General Public License)の二つに基づいており、誰でもコードの利用、改変、改善やバグ修正などを行うことができる。 GlassFishの最初のバージョンは2005年6月に公開された。 2007年には、クラスタリングやロードバランシングなどの機能が追加された「GlassFish v2」も公開されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]