SEOポイズニング

用語の解説

SEOポイズニングとは

(エスイーオーポイズニング,SEO攻撃,SEOポイズニング攻撃,SEO poisoning attacks,)
SEOポイズニングとは、Web検索エンジンの検索結果ページ(SERP)上位に、マルウェアなどが含まれる悪質なWebサイトを紛れ込ませる操作のことである。
SEOポイズニングは、SEO(検索エンジン最適化)の技術を駆使して自分の用意したWebページを検索結果の上位に表示させる。 ユーザーがそれを有益なWebサイトだと思ってアクセスすると、別の悪質なWebサイトにリダイレクトさせる(クローキング)などの操作によって、マルウェアをダウンロードさせたりユーザーのPCを攻撃したりしようとする。 SEOポイズニングは、著名人の名前や、Web上で話題になっている事件・イベントに関連するキーワードなどで行われることが多い。 例えば2010年1月にハイチ大地震が発生した際には、義援金の寄付を募ると見せかけて悪質なWebサイトへ誘導しようとするSEOポイズニングの例が多数報告されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]