SVGA

用語の解説

SVGAとは

(スーパーVGA,Super VGA,)
SVGAとは、VGA以上の解像度で表示する画面モードのこと、もしくは、VGA以上の画面解像度のこと、もしくは、特に800×600ドットの画面解像度のことである。
SVGAは元々、ディスプレイの標準的な画面解像度であるVGA(640×480ドット)規格の上位互換となる画面モード規格を指した。 やがて、VGAと共に、もっぱら画面解像度を表すために用いられるようになった。 本来は640×480ドット以上であればどのような解像度でもSVGAに該当するものだったが、現在では800×600ドットを指してSVGAと呼ぶことが一般的となっている。 最近では、デジタルフォトフレームやPCのサブディスプレイなどでSVGAが採用されている例がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]