Ultra SATA

用語の解説

Ultra SATAとは

(ウルトラエスエーティーエー,ウルトラSATA,)
Ultra SATAとは、パソコンとハードディスクなどの記憶装置を接続するATA規格の拡張仕様で、シリアル転送方式が採用された仕様のことである。
2000年11月に、Serial ATA規格の最初の仕様である「Ultra SATA/1500」が発表された。 シリアル転送方式は単一の転送経路を用いたデータを転送方式で、パラレル方式は複数の転送経路を用いた転送方式である。 パラレル方式のほうが転送速度は高速となる。 しかし、近年の技術向上によって、パラレル転送方式でそれぞれの経路を通ってきた信号が出力される際のわずかな通信遅滞が問題になってきた。 ケーブルの技術が向上してきた昨今、すでにシンプルなケーブルでも高速な転送速度を得ることができるようになってきている。 そこでシリアル転送方式を採用することによって信号の出力時の問題を解消しようとするものがUltra SATAである。 なお、Ultra SATAは、従来の(パラレル方式の)ATA規格との互換性を保っている。 また、取り付ける際に必要だったジャンパーピンの設定が不要になっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]