AWS Summitとは?

AWS SummitはAmazon Web Services(AWS)が世界20拠点で展開するツアー。 2017年、アマゾン ウェブ サービス ジャパンが5月30日より4日間、都内で「AWS Summit Tokyo」を開催した。日本での登録者は2万人以上。世界最大規模となった。会期を一日増やして4日とし、ブレークアウトセッションも1.5倍の150に、スポンサーブースも倍に増やした。満員の聴衆を前に長崎氏は、「日本においてクラウドへのシフトが起こっている」証拠とする。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 Oracle OpenWorld

    米Oracleが毎年秋に実施している年次カンファレンス。9月もしくは10月にかけて、米サンフランシスコで開催される。...(続きを読む)

  3. 3 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  4. 4 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  5. 5 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  6. 6 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  7. 7 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  8. 8 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  9. 9 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  10. 10 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

注目のキーワード

マルチテナント方式
データセンターにおいて、サーバやネットワーク関連の設備を複数の顧客で共有する運用方式。続きを読む
データリポジトリ
データを一元的に格納する領域。
続きを読む
Amazon EC2
Amazonが提供する「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」というウェブサービスのこと。規模の変更が可...
続きを読む
データアグリゲーション
レポートや分析を目的として、多種多様なソースからデータを収集し、そのすべてを共通のデータリポジト...
続きを読む
コンテンツ配信ネットワーク(Content Delivery Network:CDN)
コンテンツデリバリネットワークとも呼ばれる。ネットワーク上のさまざまな場所に配置した複数のコンピ...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR