「M・ハードはHPの新CEOに適任」:米アナリスト

Matt Loney(CNET News.com) 2005年03月30日 12時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)の次期CEOに指名されたNCRのMark Hurdは、確かに適切な人選かもしれない。少なくともあるアナリストはそう考えている。

 適切な人選だときっぱり断言するアナリストは今のところ少ないが、誰もが今頃、HPの将来を占おうと、同氏の職歴を綿密に調べているはずだ。

 IDCのRoger Kayは、「同氏の職歴は(HPにとって)最適で、前の会社も業績が堅調だった。同氏は、NCRを危機的状況から救い出した」と語っている。

 Hurdといえば、NCRを財政危機から立ち直らせた、ここ数年間の功績が最も有名だ。NCRは、POS端末やATM(現金自動預け払い機)のほか、データベース製品「Teradata」を開発する。

 NCRは、データウェアハウス関連技術に対する支出を減らしたことの悪影響を受け、2001年のある四半期には利益予想額を40%も引き下げている。しかし、HurdがCEOに就任した2003年に、同社の純利益は5800万ドル(1株あたり61セント)から2億8500万ドル(1株あたり2ドル97セント)へと約5倍に増加した。

 Hurdは、経営立て直しの一環としてNCRの支出を削減したことが評価された。

 Hurdはまた、NCRでTeradataデータウェアハウス事業部を立ち上げたことも評価されている。2004年の同社売上高59億ドルのうち、12億ドルは同事業部によって計上されたものだ。同社全体の売上高は、昨年1年間で7%拡大している。

 Kayは、Hurdが指揮をとるようになるまでのNCRについて、AT&Tの監督の下にあったため必要以上に業績が低迷したと述べ、NCRを復活させたHurdを評価している。NCRは、1997年にAT&Tから独立している。

 「1980〜1981年頃(のNCR)はかなり期待できる位置につけていると思っていたが、結局、AT&Tが同社の経営に失敗してしまった。Mark Hurdらが10年近い歳月をかけて、同社の立て直しを図ってきた」(Kay)

 Hurdは現在48歳。NCRに23年間在籍し、マーケティング/専門サービス/販売管理畑を歩みながら徐々に出世の階段を上ってきた。社長やCOOを歴任し、2003年3月にはCEOに指名されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算