NJCとトレンドマイクロ、中小企業向けウイルス対策サービスを開始

エースラッシュ 2005年04月05日 14時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本事務器(以下、NJC)とトレンドマイクロは4月4日、ウイルス対策の中小企業向けアウトソーシングサービス「NJC ウイルス監視運用サービス」を本日より提供開始した。対象顧客は、社員数50名前後の中小企業を中心に想定されている。

 「NJC ウイルス監視運用サービス」は、NJCがトレンドマイクロの遠隔管理ツールと顧客サイトに導入されたウイルス対策製品を用いて、双方向のリアルタイム管理を実現するというもの。NJC監視センターから顧客環境のウイルス対策状況を常時監視するだけでなく、従来から提供されているサービスに加えてパターンファイルの更新や、設定変更、ログ調査に至るまで、本来はシステム管理者が行うウイルス対策業務の全てをサポートする仕組みだ。

 また、月次での診断レポート提出が行われるほか、インターネットを経由したセキュアな双方向通信を提供する仕組みが用意されているため、サービスの導入時に管理用サーバやVPN装置といった新たな設備は不要。導入コストをできる限り削減したい中小企業にとっても大きなメリットとなる。

 そのほか、オプションとしてパターンファイル完成前に予防ポリシーを配信しウイルスの侵入を最小限にとどめる大規模感染予防サービス、ウイルスに改変されたレジストリなどのシステム情報を修復するウイルス感染復旧サービス、Windowsなどのマイクロソフト製品の脆弱性とその危険度を診断する脆弱性診断サービスも用意されている。

 月額価格は税別で、基本監視サービスの10クライアントが1万4200円(50クライアントは3万5300円)。オプションは大規模感染サービスが660円(2550円)、ウイルス感染復旧サービスが2640円(9690円)、脆弱性診断サービスが6930円(2万4990円)となっている。

 両社では、この本サービスの販売目標を初年度1年間で500社(既存顧客250社および新規顧客250社)としている。

日本事務器
トレンドマイクロ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化