NECシステム建設、モバイルセントレックス導入パッケージを提供

エースラッシュ

2005-04-11 20:51

 NECシステム建設は4月11日、IPテレフォニー導入を検討している企業を対象としたパッケージ「モバイルセントレックスFOMA『N900iL』おまかせバリューパック」の提供を開始した。

 N900iLは同社の提供するFOMA端末で、無線LAN機能を内蔵しているという特徴がある。屋外では通常のFOMA端末として利用しつつ、屋内ではIP電話端末として活用するということができるため、ユーザーは社内外を問わずにかかってきた電話の対応などが行える。同社はこれを「UNIVERGE“FOMA”連携ソリューション」として提供しているが、今回のパッケージはこのソリューションの導入モデルをパッケージ化したものだ。

 IPテレフォニーは注目を集めているが、従来のPBXと比べると導入時の検討要素が多く、効果的な導入を行うのが難しいとされている。そのため、同社では従来のテレフォニーを一括で入れ替えるのではなく、導入効果の高い部分から段階的に移行するマイグレーションを提案しているという。このパッケージも、小規模での導入スタートが可能なマイグレーションを進めるための導入モデルのパッケージとなっている。

 10から100ユーザーまで、マイグレーション型や検証導入、クローズド・オフィス型から大規模なモバイルセントレックス型までをカバーするパッケージとなっており、100ユーザーを超える場合にはカスタマイズも可能。パッケージ料金にはネットワーク設計費や工事費から、ハードウェアなど導入に必要なものの全てが含まれている。

NECシステム建築

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]