編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

パワードコム、遠隔ストレージにデータをバックアップするサービスを提供開始

エースラッシュ

2005-04-13 21:51

 パワードコムは4月13日、安全かつ効率的にデータ保全が行えるストレージパックサービス「Powered IT Solution『安心パック』」を、5月9日より提供開始すると発表した。

 「Powered IT Solution『安心パック』」は、災害やサイバーテロといった事態に備えてユーザーのデータを安全且つ効率的にバックアップ、万一の場合にリストア(復元)するストレージパックサービス。本社/準本社機能を有するユーザー拠点に同社がDRパック(ストレージコントローラサーバ)を設置。ユーザーのデータを遠隔地へ送信/保存するストレージバックアップ機能や、その間をつなぐ通信ネットワークおよびサービスすべてに関わる監視・保守・運用までがオールインワンパッケージとなっている。

 ユーザーが保存したDRパック内データは、通常遠隔ストレージ先となる関東または関西のデータセンターへ常時ミラーリングを行い、一日一回バックアップを実施。ユーザー拠点でデータセンターへ保存されたデータを利用する際には、データセンター側に保存されたユーザーデータをパワードコムのIPネットワーク経由で、転送して活用できる。データのバックアップに関する業務を同社へ一元的にアウトソースできるので、大幅なシステム運用の負荷の削減にもつながるという。

 利用料金は、関東エリアのユーザーが関東データセンターに800GBのデータをバックアップするエントリーモデルが月額約60万円(リストア費用別)。初めて同社のネットワークサービスを利用するユーザーでも、既存のシステムに手を加えることなく簡単に活用できるという。

 同社では今後、テープ搬送スタイルやIP−SANの廉価回線利用型/専用型バックアップ向けパックサービス、ストレージ筐体共用型/専用型ミラーリング向けパックサービスなどの環境を構築するサポートサービスの拡充を進めていく予定だという。

パワードコム

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]