Google Mapsリミックス版

Phil Windley 2005年05月09日 20時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ある知人にこんなことを聞かれた。「ある地点まで自動車でいく場合の所要時間や、走行ルートを表示してくれるインターネット上の地図サービスを知らないか?」私はこの質問に対し、そのようなサービスは知らないが、1〜2時間もあれば誰かがGoogle Mapsとうまく連携するプログラムを書いてくれるのではないか、と答えた。ちょうどその直前に、私はJon Udellからこれと似たプログラムの話を聞いたばかりだったのだ。運転時間こそ表示しないが、私はそのプログラムの話を聞いてすっかり感心してしまった。

 ノースカロライナ大学のPaul Rademacherが作成したプログラムは、Google MapsとCraig’s Listの不動産情報を組み合わせたものだ。Paulはどちらの組織にも所属していないし、これらの組織の関係者を知っているわけでもない。同氏が作成したプログラムの動きをきちんと理解するには、まず、それを実際に使ってみるしかない。同プログラムは基本的に、都市と希望の価格帯を選択すれば、条件に該当する家の地図とその詳細情報が表示されるというものだ。地図上の画びょうマークをクリックすると、吹き出しが現れ、その中に家の写真や売り出し状況などが表示される。これは、かなり便利そうだ。

 つい先日、Wired誌を読んでいたら、こちらが手数料を支払う顧客であるにも関わらず、不動産業者はなぜ顧客の意に沿わない動きをしてしまうのかを論じた記事を見つけた。同誌によれば、情報の非対称性が、その理由の1つだという。その点、Paulのプログラムはこうしたギャップを埋めてくれる。

 Google Mapsを作り変えることは、そんなに難しいことではない。ここに書いたのは、インターネット上に存在する2つのアプリケーションをゆるやかに連携させることで、驚くほどのパワーが得られることを示すケースのほんの一例である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算