次期「Internet Information Services」の詳細が次第に明らかに

Renai LeMay (ZDNet Australia) 2005年05月31日 11時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、ウェブサーバ「Internet Information Services」の次期バージョン(IIS7)にASP.NETテクノロジーを組み込み、中核的な機能の大半をモジュール化して、オプションとして提供する予定だ。

 また、同ソフトウェアの管理ツールにも大幅な改良を施して安全性を高め、完全なウェブベースのリモート管理を実現させる意向だという。

 MicrosoftはIIS7のプレビュー版を同社の主要なパートナー企業に公開しているので、アップグレードの詳細は次第に明らかになってきている。IIS7は、「Longhorn」と呼ばれるMicrosoftの次期オペレーティングシステムと同じく、2006年後半にリリースされる予定だ。

 .NETを利用した開発を手がけるInterscape Technologiesのプレジデント兼チーフソフトウェアアーキテクトRobert McLawsは、IIS7に対する感想などをみずからのブログで公開している。McLawsがIIS7に初めて触れたのは2004年のMicrosoftサミットにおいてのことだったが、ここへ来て同社IISグループのプログラムマネージャBill Staplesから許可を受け、詳細を公表したという。

 McLawsは、ASP.NETを統合したということは、HTTPパイプラインやモジュール、XMLコンフィグファイルといった同テクノロジーの概念をIIS7に搭載できることを意味すると話している。

 さらにMcLawsは、IISの諸機能をモジュール化することで、システム上で稼働するコードの数を減らすことが可能になり、ハッカーの攻撃に悪用されかねない足がかりを極力残さないようにすることができると指摘する。「セキュリティの観点からすると、IIS7は従来製品とは別次元のものに仕上がった」(McLaws)

 ソフトウェアの専門家Cory Isaksonも、IIS7の詳細を公にした1人だ。Isaksonは、最近サンフランシスコで開催されたVisual Studio Developers' Conferenceで、Microsoftが数日間にわたり発表したIIS7の概要について公表している。Isaksonは、アイダホ州が利用する大規模なウェブサーバファームの管理者であり、ASP.NETに基づくコンテンツマネジメントシステムの構築を目指す「Rainbow Portal」オープンソースプロジェクトの主要開発者でもある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算