編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

シマンテック、地方公共団体向け情報セキュリティ対策支援サービスを開始

WebBCN (BCN)

2005-06-08 10:37

 シマンテック(杉山隆弘社長)は、地方公共団体向けに「情報セキュリティ実施手順作成支援サービス」を7月1日から開始する。

 同社のコンサルティングチームが、過去に地方公共団体の実施手順作成におけるコンサルティングを行った経験を生かして開発。実施手順策定マニュアル、実施手順項目リスト、実施手順テンプレートおよびシマンテックコンサルタントのオンサイトによるトレーニングを提供し、具体的な実施事項を記載した手順書の作成を支援する。

 総務省の地方公共団体情報セキュリティ管理基準に基づいて作成された約400項目の実施手順の「実施手順項目リスト」が含まれており、質問に回答することによって、実施手順テンプレートが対象システムの構成や機密度などに合わせて調整され、カスタマイズされた実施手順書が完成する。

 担当者はマニュアルに従って作業を進めるだけで、簡単にセキュリティポリシーに沿った情報システムの安全な運用が可能になる。サービスがメニュー化されているため、予算設定もスムーズにできる。

 地方公共団体が情報セキュリティ対策基準を遵守するためには、職員が実践できる具体的な作業内容を記した実施手順書を作成する必要がある。しかし、情報システムの専任担当者がいなかったり、専門知識をもたない職員が対策を任されたりすることなどから、実施手順書の作成がなかなか進まないケースが多い。また、費用の問題から、外部のコンサルティングサービスの利用も難しい。今回のサービスは、こうした実状に対応したもの。

 同社では、地方公共団体がより利用しやすいコンサルティングサービスの提供を目指し、今後もサービスのメニュー化を推進、利用促進に向けた活動を展開していく予定。

シマンテック

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]