編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

インフィニコがSyslogサーバ機能に特化したアプライアンスを出荷

日川佳三(編集部)

2005-06-16 18:38

 ネットワーク機器を開発するインフィニコは8月、UNIXの標準ログ出力・収集機能であるSyslogサーバのアプライアンス機「NetWyvernSYSLOG」を出荷する。幅210×奥行147ミリ・メートルの小型サイズで冷却ファンとディスクを搭載しない。価格は未定だが編集部が予想する実売価格は25万円前後。

NetWyvernSYSLOG

 NetWyvernSYSLOGは、独自設計のハードウェアに組み込み系のLinuxを搭載し、ストレージとして容量512Mバイトのコンパクト・フラッシュ(CF)を内蔵した機種である。Syslogサーバ・ソフトを動作させ、ネットワークを経由して得られた各種のログ情報を処理し、必要に応じてコンパクト・フラッシュにファイルとして格納する。

 運用時に必要な設定は、Webインタフェースを用いて実施できる。Syslogに関係する生の設定ファイルをエディタで編集することなく、個々のログの処理方法やログファイルのローテーション方法などSyslogに関する設定を施せる。管理対象となるサーバ機のうち、ログを取りたくないサーバに関してIPアドレスによるフィルタリングの設定も可能である。

 SyslogとはUNIX標準のログ出力フォーマットであり、mailやsecurityなどログの種類を示すファシリティと、infoやnoticeなどログの重要度を示すプライオリティの2種類の情報を組み合わせた属性を持つ。どのような属性でどのようなログを出力するのかは、ログを出力する個々のアプリケーション・プログラムに依存している。例えば、C言語であればsyslog()関数が出力する。

 Syslogサーバは、管理対象となる個々のアプリケーション・プログラムが出力したSyslogメッセージを受信して、設定したポリシーに応じて処理する。メッセージの属性に応じて、例えばファシリティmailのプライオリティinfoであればファイルmaillogにログ出力し、ファシリティsecurityに属するログであればどのような重要度であっても管理者にメールする、といった使い分けができる。

 また、NetWyvernSYSLOGと同じく8月に、ユーザー認証機能であるRADIUSサーバのアプライアンス「NetWyvernRADIUS」も出荷する。NetWyvernSYSLOGと同等のハードウェアを用い、編集部による予想価格は実売で50万円前後である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]