編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本IBM、「iSeries」専用の中堅企業向け災害対策サービスを8月より提供

ニューズフロント

2005-07-20 15:02

 日本IBMは7月20日、サーバ製品系列「IBM eServer iSeries」専用の中堅企業向け災害対策サービス「IBM iSeries DR Expressサービス」の提供を発表した。8月1日からサービスを開始する。

 同サービスについて、同社は「低コストでの災害対策と、被災時に比較的近い場所での復旧を希望する顧客に最適」と説明する。「スタンダードサービス」と「プレミアムサービス」という2種類のメニューを用意し、いずれも、通常の機械保守サービスで対象とされない被災時に、同社の技術員がオンサイトでシステム回復を試みる。

 スタンダードサービスでは、同社が回復不可能と判断した場合、48時間以内に最大6週間使用可能な代替機を提供する。そのうえで、顧客の用意したバックアップデータと回復手順に従い、同社の技術員がオンサイトで代替機にデータを復元する。さらに、システムとネットワークの復旧支援も行う。月額料金は、月額基本保守料金の15%。

 プレミアムサービスでは、スタンダードサービスの内容に加え、復旧要件の定義や復旧計画書作成などの支援、優先的な代替機提供を行う。月額料金は、月額基本保守料金の35%。

日本IBMのプレスリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]