編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

日立情報、米Virtelaと提携し、国際回線網を構築/運用するサービス

ニューズフロント

2005-08-03 14:50

 日立情報システムズは8月3日、国際ネットワーク構築/運用サービス「NETFORWARD/GL」の提供を開始した。海外に拠点を持つ日本企業をターゲットに拡販していく。

 このサービスは、ネットワークサービスプロバイダの米Virtela Communicationsとの提携により実現した。Virtelaは、190カ国以上で200社以上のキャリアネットワークをMPLSなどで独自接続し、単一の国際WANとして提供している。NETFORWARD/GLを利用すると、顧客は求める品質、コスト、納期などの条件に最も適した国際回線の組み合わせを、複数の国内/海外通信キャリアから選べるようになる。

 今後、日立情報はVirtelaとの提携を活用し、国際テレビ会議システム構築/運用サービスや、顧客の海外拠点におけるLAN構築サービスなど、NETFORWARD/GLに付加価値を与えるサービスを順次開始する。

日立情報システムズのプレスリリース

Virtela Communications

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]