編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

マクニカネットワークスとISR、PtoP技術製品の開発/拡販で提携

エースラッシュ

2005-09-15 11:01

 マクニカネットワークスとインターナショナルシステムリサーチ(ISR)は9月14日、PtoP技術を使ったサーバレスソリューシュンの開発および拡販において提携したと発表した。

 今回の提携により、マクニカネットワークスが国内代理店をしている仏Popular Telephonyが開発したPtoP技術を使ったミドルウェアをISRが採用し、製品およびアプリケーションを開発することになる。Popular TelephonyのミドルウェアはIP電話端末やPDA、PC、Wi-Fi端末などさまざまなネットワーク接続機器に組み込むことで、PtoP通信が可能になるというものだ。

  両社は、販売面やプロモーション活動などでも相互に協力する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]