グリッドの動的構築に成功--NTT、KDDI研究所など4社が共同で実証実験

田中好伸(編集部) 2005年09月21日 19時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTは9月21日、産業技術総合研究所(産総研)、情報通信研究機構(NICT)、KDDI研究所と共同でグリッドコンピューティングを動的に構築する実験に成功したことを発表した。

 グリッドは、地理的に分散したコンピュータや外部記憶装置(ストレージ)といった資源をネットワーク上で結びつけるが、資源間を結ぶ安定した広帯域ネットワークが不可欠だ。だが従来は、コンピュータなどの資源とネットワークは別々に管理されているために、資源を自由に組み合わせて動的にグリッドを構成できなかった。

 今回の実験では、「グリッド資源スケジューラ」というプログラムと「ネットワーク資源管理システム」を連携させることで、グリッド構築で必要になるネットワークの確保を自動化させることができた。これにより、広域に分散した資源を必要に応じて動的にグリッドを構築することができるようになる。グリッド資源スケジューラは、資源の利用時間、順序といったスケジュールを自動的に決定し、ネットワーク資源管理システムは、グリッド構築で要求される帯域幅をネットワーク上に予約・確保するシステム。

 実験では、産総研がグリッド資源スケジューラを開発し、KDDI研がネットワーク資源管理システムを開発した。NICTとKDDI研、NTTの3団体が研究開発用ネットワーク「JGN2」上でグリッドを構築した。実験のグリッドは、福岡市、金沢市、埼玉県上福岡市、大阪市、つくば市、東京・秋葉原の6拠点から構築された。

 産総研、KDDI研、NTTの3団体は、グリッド資源スケジューラとネットワーク資源管理システム間の連携インターフェースの詳細仕様の策定を進め、国際的な標準技術となることを目指す。なお、今回の実験の内容は、9月26日から米サンディエゴで開催されるグリッドの国際会議「iGrid2005」で発表される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算