「ルータ、ファイアウォールより効率的」--F5ネットワークスがウェブアプリのセキュリティ製品を提供

田中好伸(編集部)

2005-10-14 18:04

 F5ネットワークスジャパンは10月13日、ウェブアプリケーションファイアウォール技術「BIG-IPアプリケーションセキュリティモジュール」(BIG-IP ASM)の提供を開始した。

「BIG-IP ASMの方が効率的に管理する」パトリック・ウルフ(Patrick Wolf)氏

 BIG-IP ASMは、同社の負荷分散・トラフィック管理装置「BIG IP 6400」と「BIG IP 6800」で動作する。ソフトウェアライセンスの形で提供され、価格は110万円(税別)からとなっている。販売代理店を通じて販売される。

 ウェブアプリのセキュリティレベルを高めるBIG-IP ASMは、F5ネットワークスのアプリケーションファイアウォール装置「TrafficShield」の技術をベースにしている。BIG-IP ASMをBIG IP 6400/6800の上で使うことで、ウェブアプリのセキュリティ対策とトラフィック管理をまとめて制御できる。

 米F5 Networkでプロダクトマネージャを務めるパトリック・ウルフ(Patrick Wolf)氏は「企業のセキュリティ事故の64%が(ウェブアプリが使用する)ポート80番をターゲットにしたことで生じている」として、ウェブアプリのセキュリティ対策が重要であることを説明している。

 ウェブアプリのセキュリティは一般的に、ルータ、ファイアウォール、アプリケーションサーバの各ポイントで実施できるようになっている。しかし、実際には「ルータでウェブアプリのセキュリティ対策をすると、ルータでは処理能力が追いつかない」(ウルフ氏)という。

 またウルフ氏は「ファイアウォールで侵入防御・検知システム(IDS、IPS)では、レイヤー7での最適な処理ができない。またアプリケーション・サーバの場合、ウェブアプリの内部で実行するためにコストがかかるし、非効率的になりがちだし、管理も複雑になる」と説明し、BIG-IP ASMでウェブアプリのセキュリティ管理をした方が、管理が簡素化でき、効率的にセキュリティ管理できると強調している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]