NTTコムウェア、負荷分散ソフト「UltraMonkey」の機能を拡張しソースを公開

エースラッシュ

2005-10-19 20:43

 NTTコムウェアは10月19日、オープンソースの負荷分散ソフト「UltraMonkey」を大幅に機能拡充し、ソースコードを公開した。

 今回の機能拡充により、ショッピングサイトなどユーザーが連続してアクセスするウェブサイトなどで必須となるセッション管理機能「Layer7負荷分散機能」および暗号化された情報への対応「SSL暗号化された情報の負荷分散機能」が追加された。

 従来のLayer4までの情報ではセッション管理をし、ユーザー毎の情報を意識した負荷分散は実行できないが、Layer7までの情報に対応したことでセッションを意識した同一サーバへの振り分けなど、理想的な負荷分散を実現している。また、個人名や住所、電話番号、口座番号などの情報漏洩を防ぐため、SSL暗号にも対応している。

 なお、ソースコードについてはすでにSourceForge.jpで公開中であり、UltraMonkeyのコミュニティサイトでも公開される予定となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]