編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

富士通、OSS導入支援用の施設を新設--無償で利用可能な検証環境も整備

ニューズフロント

2005-11-15 18:00

 富士通は11月15日、オープンソースソフト(OSS)ベースのシステム構築および運用を支援する施設「OSS技術支援センター」を、東京都港区の「Platform Solution Center」内に新設した。OSSミドルウェアを対象に、商談からシステムの設計/構築、運用まで各段階に応じたサービスを提供していく。

 同社は、これまでLinuxカーネル、ウェブサーバ「Apache」、電子メールサーバ「Sendmail」、ファイルサーバ「Samba」といったOSSのサポートなどを行ってきた。OSS技術支援センターでは、対象をデータベース「MySQL」「PostgreSQL」、Javaアプリケーションサーバ「Tomcat」、Java開発環境「JBoss」、開発言語「PHP」まで拡大し、OSSミドルウェアによるシステムの構築から運用を支援する。

 同社のサーバ「PRIMEQUEST」および「PRIMERGY」を合計240台用意し、動作検証用の環境として無償提供する。さらに、専門の技術者約50名を配置し、無償で動作検証の支援や商談を行うほか、有償で設計/構築サービス、運用時のトラブル対応支援、修正情報やパッチの提供を実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]