編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

バラクーダネットワークスが、スパイウェア対策アプライアンスを発表

CNET Japan Staff

2005-12-07 10:21

 バラクーダネットワークスは12月6日、スパイウェア対策とウェブコンテンツフィルタリングの機能を持つアプライアンス製品「バラクーダ・スパイウェア・ファイアウォール」を日本市場に投入すると発表した。

 バラクーダ・スパイウェア・ファイアウォールは、スパイウェアの予防、検出、駆除が可能。同社の「バラクーダ・スパムファイアウォール」の製品設計が踏襲され、ゲートウェイでスパイウェアを検出し、ブロックできる。このため、PCにソフトウェアをダウンロードして、インストール/設定する必要がないことが最大の特長。日本語環境での稼働は検証済み。ユーザーインタフェースも日本語化されている。

 価格は同時アクセス150ユーザーの「Model 210」が92万4000円。同4000ユーザーの「Model 810」は1293万6000円。2月1日より出荷を開始する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]