編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

オムロン、PowerAct ProでMIRACLE LINUX V4.0をサポート

CNET Japan Staff

2005-12-09 08:58

 オムロンは12月8日、同社の無停電電源装置(UPS)を使用して自動シャットダウンを行うためのソフトウェア「PowerAct Pro」の対応OSに、「MIRACLE LINUX V4.0 - Asianux Inside for x86-64」「MIRACLE LINUX V4.0 - Asianux Inside」を追加すると発表した。

 PowerAct Proは、連携シャットダウン機能を搭載し、出力コンセント制御や冗長電源搭載サーバ、USB通信に対応、リモートでのUPS管理機能を備えたソフトウェア。今回の対応OS追加で、Linux市場への浸透を目指す。

 PowerAct Proを収録しているCD-ROMを持っているユーザーは、12月9日より同社ホームページから無償でダウンロードできる。PowerAct Pro同梱のUPS、およびオプション対応のPowerAct Pro(型式:PA01)には、2006年7月以降出荷分より順次同梱していく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]