編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

日立、自律的に情報を発信する無線センサー「日立AirSense」を発売

エースラッシュ

2005-12-26 20:58

 日立製作所ワイヤレスインフォベンチャーカンパニーは12月26日、ポータブル型とリストバンド型の無線センサー「日立AirSense」を2006年1月に発売すると発表した。

 日立AirSenseは、端末情報を自律的にネットワークに送信する無線センサーの技術を応用した製品だ。ポータブル型は温度・湿度・振動を検知できるため、ビルの空調管理や地震対策、食品工場での衛生管理などに利用できるという。リストバンド型は、身につけた人の心拍数や脈拍を感知して遠隔地に送ることができるため、高齢者の健康状態の把握などに利用可能だ。

 設置場所の電波状況に応じて最適な無線伝送ルートを形成する技術が用いられている。1.5cm角の基板上にセンサ、マイコンと無線機能を集約しており、小型化と省電力化を実現した。価格はルータやゲートウェイやモニタソフトなどを組み合わせた一式で、ポータブル型・リストバンド型ともに税込94万5000円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]