編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ソフトバンクBB、日本テレコム、マイクロソフト、法人向けメッセンジャーで戦略提携

CNET Japan Staff

2005-12-28 04:32

 ソフトバンクBB、日本テレコム、マイクロソフトの3社は12月27日、戦略的パートナーシップを締結することで、「メッセンジャー統合コミュニケーションサービス」(仮称)を開発したことを発表した。

 このサービスは、VoIP、電子メール、インターネットアクセス、グループウェア、プレゼンス、インスタントメッセージング、デスクトップといったサービスとネットワークインフラを組み合わせ、セキュリティを確保したもの。3社は、今後法人市場に共同でソリューションを提供する。

 新サービスは、マイクロソフトの「Microsoft Solution for Enhanced VoIP services」とソフトバンクBBのIPフォン運用ノウハウ、および日本テレコムのマネージドネットワークを組み合わせて実現されている。3社は、高品質、高セキュリティの音声サービスを最大限活用できるサービスとして提供したい考えだ。

 このサービスを利用するユーザー企業は、Microsoft Solution for Enhanced VoIP Servicesと連動するBBフォンの音声プラットフォームと、日本テレコムの提供するマネージドネットワークサービスの導入で、ユーザーが独自に策定するセキュリティポリシーを変えることなく、インスタントメッセンジャーやVoIPサービスを利用して社内外とのリアルタイムコミュニケーションが可能になる。

 この仕組みは、マイクロソフトのオフィス製品群およびサーバ製品と連携。今後、実証実験を経て、2006年春の商用化が予定されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]