編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本テレコム、ネットを介しながらもセキュリティを確保した情報共有ツール

WebBCN (BCN)

2005-07-04 10:45

 日本テレコム(倉重英樹社長)は、企業向けオンラインストレージサービス「Xdrive DDP(Digital Documents Platform)」の提供を8月に開始する。セキュリティを確保した企業向け情報共有ツールとして提供するもの。

 データセンターまたはユーザーの持つサーバー上にデジタル文書の情報共有の仕組みを構築。インターネットを介しながらも、社内外からのファイルアクセスや交換をセキュアに実現する。流通や製造、印刷、設業など様々な産業分野での情報共有ツールとして企業コミュニケーションの活性化をサポートする。

 本サービスは、ソフトバンクグループのエックスドライブ・ジャパン(松本眞社長)の「Xdrive」を、日本テレコムが独占的に提供できるパートナーシップ契約を締結することで実現した。今後日本テレコムは、ソフトバンクグループ各社との連携を緊密にし、情報セキュリティマネジメントおよびITサービスマネジメント関するサービスの提供を行なっていくという。

日本テレコム

エックスドライブ・ジャパン

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]