編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ジョージア州立裁判所管理局、ビジネスオブジェクツの「BusinessObjects XI」を採用

CNET Japan Staff

2006-02-04 02:09

 BusinessObjectsは1月30日、米国ジョージア州立裁判所管理局(AOC)がBusinessObjectsのBIプラットフォーム「BusinessObjects XI」の導入を完了し、システムの標準化を完了したことを発表した。

 AOCは、ジョージア州にある1000以上の裁判所を管理している。BusinessObjects XIは、司法人事や交通違反カードの収集、訴訟案件の管理データの割り当てなど、さまざまデータの追跡やレポーティングに使用されることになる。

 AOCのIT部門は、裁判所の多様なデータをポータル化する計画を進めている。判事同士やジョージア州の司法、立法、行政の各機関がコラボレーティブに業務を行えるようにすることが狙いだ。これは、米国国土安全保障省の推進事項に従ったもので、全米や州の行政機関もまた、このポータルへのアクセスやデータ利用が可能になる。

 またAOCは、ジョージア州の全裁判所に無償で提供されている訴訟案件管理システム「SUSTAIN」のデータをレポート化するためBusinessObjectsの「Crystal Reports XI」も導入した。

 Crystal Reportsは、各訴訟案件に関する、当事者の氏名や住所、捜査令状、指名手配、担当判事、担当弁護士、執行猶予、罰金、および処理などの情報をレポート化する。訴訟が解決すると、その履歴を情報として地方、州、国の適切な組織に自動的に報告する。

 AOCは、このようなデータをすべての判事が参照できるよう、中央ポータルへ自動的に収集されるような仕組みを実現することを視野に入れている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]