編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

富士通、東芝、NECエレの3社、擬似SRAM共通仕様の新版「COSMORAM Rev. 4」を発表

ニューズフロント

2006-02-15 13:48

 富士通、東芝、NECエレクトロニクスの3社は2月15日、モバイル機器向け擬似SRAMインターフェース共通仕様の新版「COmmon Specifications for MObile RAM(COSMORAM)Rev. 4」について合意に達したと発表した。Rev. 4では、新たにダブルデータレート(DDR)バースト機能やショートレイテンシモードの仕様を共通化している。

 3社は擬似SRAMの仕様を共通化し、2002年3月にページモード機能搭載仕様COSMORAM Rev. 1、2003年2月にバースト機能搭載仕様COSMORAM Rev. 2、2004年9月にバースト機能付き仕様COSMORAM Rev. 3という共通インターフェース仕様を発表してきた。

 新版のCOSMORAM Rev.4では、2つのクロック信号の立ち上がりに同期してデータを読み書きすることでデータ転送速度を最大2倍に高速化するDDRバースト機能についての仕様を共通化した。さらに、初期アクセスタイムを従来の約半分に短縮できるショートレイテンシモードの仕様も定め、実行データ転送速度も向上させた。そのほか、容量や電源電圧範囲、コントロール端子の名称および機能、真理値表、モードレジスタの設定方法、ACタイミング規格値の共通化も実施した。

 仕様共通化のメリットについて、3社は「設計基板の共通化による設計期間の短縮や設計効率の向上と、3社による安定した擬似SRAM製品の供給」を挙げる。

 COSMORAM Rev. 4準拠の擬似SRAMは、3社がそれぞれ独自に製造および販売し、2006年度末より利用可能となる予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]